スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

回廊と鳴釜

2012-03-23
きび団子です03.jpg


吉備津神社には長い回廊があります
038.jpg
私が実際測ったわけじゃないけど、398メートルあるらしいです

歩いても歩いても続く廊下
この吉備津神社がある土地の起伏に合わせての廊下なので
緩やかなんだけれど、計算されているような廊下
古い梁が何本も掛けられていて宮大工さんの技術も見ることができますよ
でも出口に近くなる頃は足が重いのって~
とほほ・・・筋力つけて来てね

そして・・・
鳴釜(なるかま)
032_20120321192433.jpg
部屋の中は撮影禁止だったので、外側を紹介します

拝見した時はちょうど、お焚き上げがすんだところで
煙とススがもうもうと上がってました
部屋はススで黒光りがしてます。柱、天井、壁・・・
もともと鳴釜の神事は、温羅(鬼)が吉備津彦命に首をはねられてもなお、唸りをあげたので
釜の下に埋めてもまだ唸りをあげていたそうです
困った吉備津彦命の夢に温羅が出てきて温羅の奥さんの娘に神饌を炊けば、
温羅が吉凶を占うぞ・・・で始まったそうです
ちょっと怖い感じもするけれど

本当に、ゴーとか、グァーとか、お釜が鳴るのです
部屋中に響き渡るように・・・きび団子、テレビで見ました(笑)

その年の米の豊作を占うとか・・も
生活の中にこのような神事が息づいているんですね・・・
029.jpg
みなさんも何か占ってもらいますか?
グォ~、ボォ~、ゴオーン~・・・さてさてどんな音がでますやら

神事を待つ間・・廊下には、このようなかわいらしい椅子があります
なんか手作りっぽいです
緊張した中にも微笑ましいですよ…この神社

そして、この季節、境内には梅が満開近くになってました
027.jpg

春ですねっ
tag :
コメント:












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://okayama2012.blog.fc2.com/tb.php/72-6fe5d821

<< topページへこのページの先頭へ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。